スコティッシュ・テリアに恋して!

SCOTTIE FREAK スコティッシュ・テリアに恋して

過去のブログ 2006年2007年2008年2009年2010年。(楽天ブログ)
2010年8月〜2012年6月はブログをお休みしていました。

NEW BLOG 2013年3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月の記事を見る。

2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月の記事を見る。

2015年7月8月9月の記事を見る。

2016年1月2月6月8月9月10月11月12月、の記事を見る。

2017年1月2月5月6月7月8月の記事を見る。

2018年2月3月6月7月8月10月の記事を見る。

2016.1.29

♫ 雨は夜更け過ぎに〜雪へと変わるなよ〜

あのぉ、先日ご紹介したBoris O'Kleinについてもう少しイイですか?

しつこくてスミマセン!

今日ご紹介するのはポスターなんですが、面白いのがあるんですよ。

AllPostersのMais Il Me Semble L'avait Comme A Nice って作品。

登場しているスコティッシュ・テリアが振り返って見ている女の子ワンコのおちりがになってるのが何ともキュートでしょ?

ふふふ、スコッチ君、よだれ垂らしちゃってるし・・・(笑)ウケてるの、私だけ?(笑)

ユーモラスなだけでなく、色調も素敵。

淡いベージュトーンにスコティッシュ・テリアの黒とリード、カラー、お洋服、ハートマークの赤が効いてますよね。

が、何より惹かれたのは何と言ってもスコティッシュ・テリアが主役張ってるってこと?

でした。(笑)

ところで横浜は朝から雨。夜半には雪に変わるかも、らしいです。😩

先ほど雨の中をハッピーと歩いてきましたが昨日はスコティッシュ・テリア ハッピー スコティッシュ・テリア プッチを連れてお散歩をしてきました。

スコティッシュ・テリア ハッピー&プッチ

秋には綺麗な落ち葉の絨毯が敷き詰められていた公園も・・・

スコティッシュ・テリア ハッピー&プッチ

今ではすっかり冬模様です。

雨さん、どうぞ夜更け過ぎに雪に変わらないでください!(雪かき、大変だもん・・・)

2016.1.20

Boris O'Klein(ボリス・オクライン)

先日爪を剥がしてしまったプッチですが一週間後に病院で診ていただいたところ、お陰様で経過は良好で今は痛がる様子もなく元気に過ごしています。

心配性の私はお散歩の際に靴を履かせたい気持ちをぐっとこらえています・・・😊

 

ところでみなさん、Boris O'Kleinって画家をご存知ですか?

ボリス オクライン Boris O'Klein(1893-1985)は、モスクワ生まれのフランス人画家、漫画家で擬人化された犬の版画や水彩画を多く制作しています。

名前はご存知なくても彼の作品はどこかでご覧になっているかもしれません。

彼の作品との出会いは確か17、8年位前、友人へのプレゼントを探しに行った代官山ガンプスの壁にディスプレイされていた銅版画でした。

その銅版画がこの「 Dirty Dogs of Paris 'Chacun Son Tour'」です。

クリックすると画像が拡大します。

おトイレを順番待ちしているワンコ達の表情が何とも言えないぁって。

スコティッシュ・テリアもお行儀良く?並んで待ってるし〜〜😁

ユーモアセンス溢れるこの作品に一目惚れしちゃいました。

が、その時のそのエッチングの装丁があまり好きな感じではなかったんですよね・・・。

欲しかったんですが散々悩んだ末に諦めました。

で、その後も思い出すとネットで検索したりしてましたがこれと思うものには出会えず・・・。

それが、昨年の夏に出会ってしまったんですね💓💓💓

USA ebayに↑この4作品がセットで売られていたんです!

クリックすると画像が拡大します。

初めて出会った作品(下)の他に、みんなで揃って楽しそうに塀にシーしてたり(上)、色っぽいワンコの誘惑に負けそうになったり(中段左)、おトイレの順番待ちの列への割り込みは絶対に許さないぞって団結したり(中段右)、と人間味あふれるワンコ達が登場していて4作全て気に入りました。

何しろ全ての作品にスコティッシュ・テリアが登場していますし〜!

私にとっては安いお買い物ではなかったんですがこれを逃したらもうご縁はないと思い、思い切って清水の舞台からジャンプしました。

あっ、この装丁に関しては好きでも嫌いでもないって感じだったので「良し」としました😊)

手元に届くまではちょっと不安だったんですが、何しろこれでもかってほどに丁寧に包装されていて遥々アメリカから無事に届いてくれました。

ボリス・オクラインのDirty Dogsシリーズをどうしてこんなにも気に入ってしまったかというと

たぶんセナ、ハッピー、プッチがみんな男の子だからなのだと思います。

セナがお散歩中にマーキングばかりしていたので今度は絶対にマーキングしないように躾ようと心に決めていたのに、セナが入り込んでいる?ハッピーもマーKINGでその息子プッチは父を見習い・・・

躾は完全に失敗し、お散歩=歩く事、ではなくお散歩=マーキングと勘違いしているスコティッシュ・テリア ハッピー スコティッシュ・テリア プッチ

スコティッシュ・テリア ハッピー&プッチ

電信柱命の息子達がマーキングする度に、なんだか街を汚しているようで(勿論お水は掛けますが)暗澹たる思いになります。

が、この版画を見ていると(そんなに落ち込まないで大丈夫、それって男の子ワンコの本能だもん、仕方ないよ!)って慰められているようで少しだけ心が軽くなるんですよね。

我が家にやってきた愛すべきDirty Dog達に心癒されている私です。

2016.1.11

新年早々・・・

プッちゃん、新年早々のご難です。

昨日お散歩から戻っていつものようにワンズのの足を拭いていました。

するとスコティッシュ・テリア プッチの左後ろ足をを拭いたタオルになんと真っ赤な血が付いているではありませんか!️

えっ?と思いよく見てみると左足の爪が剥がれそうになっていてプラプラの状態です😨

キャ〜!ど、ど、どうしよぉ〜〜〜!😱

パニクる自分に(落ち着いて、落ち着いて)と言い聞かせながら即、掛かりつけの動物病院に電話をしました。

事情をお話しすると直ぐに診て頂けるとの事で、痛そうなアンヨをタオルで包んで病院へGOスコティッシュ・テリア プッチクルマダッシュ

プラプラ状態の爪を診た先生は

「可哀想だけど・・・これはもう取ってしまうしかないですね。」と。

「プッチ君、痛いけどごめんね、取るね」とその剥がれかけた爪を取られたプッチが、さすがにちょっと足を引っ込めようとしながらも全く騒がなかった事にとても驚きました。

これがもしスコティッシュ・テリア ハッピーだったらどんな大騒ぎになっていた事か・・・。

えっ?私?私は・・・静かでしょうね。きっと気絶してるでしょうから🌀

診療後、痛み止めと化膿止めのお薬を5日分処方していただきました。

感染症を防ぐため2〜3日はお散歩を控えて、その後はお散歩から帰ったら患部を消毒剤で拭いてあげてくださいとの事でした。

取れてしまった爪はもう生えてこないかもしれないそうです。(・・・涙

一週間後にまた通院して経過を診ていただきます。

「プッチ、痛かったね・・・可哀想だったね。でもよく頑張ったね、偉い!本当に偉かったね!」と勇敢なプッチを何度も褒めてあげました。

お薬を飲ませる際に鶏ササミで包んであげるのでお薬がとても嬉しいみたいです。

スコティッシュ・テリア プッチが食いしん坊なワンコで助かった〜!

スコティッシュ・テリア プッチ

「あそっか〜、いぬかき得意だもんね〜! ・・・じゃなくて〜汗

浮き輪みたいなエリザベスカラーもちっとも嫌がらないプッチ

スコティッシュ・テリア プッチが大らかなワンコで助かった〜!

2016.1.6

HAPPY NEW YEAR!

Happy New Year!

明けましておめでとうございます

皆様にとって2016年が素晴らしい年でありますように!

って、今日はもう6日ですけど汗一応年頭のご挨拶をと思いまして。

あっ、そう、ご挨拶より先ずはお詫びですよね。

ずっと更新が途絶えてしまっていてすみません!

スコティッシュ・テリア ハッピー スコティッシュ・テリア プッチはお陰様で元気にしております!(おまけに私も元気です。)

という事で、

皆様はどんなお正月を過ごされましたか?

今年はお天気も良く暖かくてとても穏やかなお正月でしたよね。

私達は元旦にはここ数年恒例になってます、ご近所の神社に初詣に行きました。

境内に入って行く私を心配そうに見送るプッチ

スコティッシュ・テリア ハッピー&プッチ

置いてきぼりで不安になるプッチ

スコティッシュ・テリア ハッピー

事の次第を理解しているハッピーは冷静そのもの

私が戻ると(たった数分です 笑)プッチは後ろ足で立って再会を超喜んでくれました。

私もそんなプッチが愛おしくて

「プッチ〜〜〜、寂しかったね、ごめんね〜〜!」と。

その様子を冷ややかに眺めるハッピー・・・

お顔はそっくりだけど性格はまるで違うスコティッシュ・テリアの親子とスコティッシュ・テリアをこよなく愛するアホアホな飼い主を今年もどうぞよろしくお願いいたします!

足跡イラスト HOMEへ戻る

HOMEへ戻る