スコティッシュ・テリアに恋して!

SCOTTIE FREAK スコティッシュ・テリアに恋して

過去のブログ 2006年2007年2008年2009年2010年。(楽天ブログ)
2010年8月〜2012年6月はブログをお休みしていました。

NEW BLOG 2013年3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月の記事を見る。

2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月の記事を見る。

2015年7月8月9月の記事を見る。

2016年1月2月6月8月9月10月11月12月、の記事を見る。

2017年1月2月5月6月7月8月の記事を見る。

2018年2月3月6月7月8月の記事を見る。

2016.9.18

ボクだって飲みたい時もある

今日は久しぶりにボクが日記を書きます。

プッチがいなくなってから、ママは「ハッピー、ハッピー」ってうるさいんだ。

ママはプッチがいなくなってとっても寂しいんだと思う。

ボクだってすごくさみしいよ・・・

プッチはボクの息子だもん・・・

苦しんでいるプッチにボクは何もしてあげられなかった。

プッチともっと一緒に居たかったし、順番が逆だよって思った。

でもそれは神様が決める事だから・・・

プッチといつか虹の橋で会うまではプッチの分まで頑張って生きなきゃって思ったんだ。

そう、ママの事だけど、プッチがいた時はプッチがママを引き受けてくれてたからボクはのんびりしていられたんだよね。

プッチはママが大好きでいつもママにくっついていて、ママにしつこく可愛がられてもちっとも嫌がらないで偉いなぁって思ってたんだ。

ボクもママは好きだけど、抱っこされたり撫で撫でされたり、しつこくされるのは苦手なんだ。

ボクはスコティッシュ・テリアだからね!

プッチもスコティッシュ・テリアだけど、ウィートンのスコティッシュ・テリアはちょっとスコティッシュ・テリアらしくないところがあるんだよね。

ボク達ブラックのスコティッシュ・テリアの方がもともと猟犬だったスコティッシュ・テリア気質が強いと思うんだ。

まぁみんなが言うように、頑固で自分の確固たる意志を持っているって性格。

愛玩犬じゃないから、ベタベタ可愛がられると引いちゃうよ。

だけどママが可哀想だから、今はプッチほどは無理だけど我慢して可愛がられてあげてるんだ。

正直疲れるよ・・・ママは毎日飲んでるけどボクだって飲みたい気分の日もある。

だから先週、ボクは一人静かに飲んだんだ。

プッチを想いながらね・・・

スコティッシュ・テリア ハッピー

スコティッシュ・テリア ハッピー

2016.9.16

ラッキー君

今日はお散歩で出会うお友達をご紹介しますね。

ご紹介するのはワイヤーフォックステリアのラッキー君です。

ラッキー君

笑顔が可愛いラッキー君

プッチとラッキー君

ラッキー君は人懐っこくて明るくてすごくイイ子なんです。

白同士で気が合うのか?プッチと仲良しでした。

お散歩でスコティッシュ・テリア ハッピー スコティッシュ・テリア プッチと出会うと仲良くしてくれて、プッチとお顔がちょっと似ているので私も 他人とは思えなくて(笑)

プッチが亡くなってから、ラッキー君にあった時には思わず涙が出てしまいました。

あのね、ラッキー君はお散歩中に私を見掛けると走ってきてくれるんです!

それが嬉しくて〜〜。

実はプッチの名前を考えている時に「ラッキー」も候補に上がってました。

だけど「ハッピー」と母音が同じで響きも似ているから呼ばれた本犬が間違いやすいかなぁと思って諦めたんです。

そんな事もあって(勝手ながら)余計に他人とは思えないのです。(笑)

間違えやすくてもプッチをラッキーって名前にしてたなら、もっと長生きしてくれたのかな・・・涙

2016.9.14

久しぶりに

昨日、ランドローズ犬舎さんにトリミングに伺いました。

トリミングに伺うのは本当に久しぶりです。

巨匠にストリッピングをしていただいて、何年かぶりでカッコイイスコティッシュ・テリア ハッピーに会えました。

ハンサムな息子(親バカですみません!)を見る事が出来て超嬉しかったです〜❤️

スコティッシュ・テリア ハッピー

「イケメンのハッピーさん、目線こっちへくださ〜い」 スコティッシュ・テリア ハッピー

「ハイ、OKで〜す、あっ、横顔もワンショットほしいですね」

スコティッシュ・テリア ハッピー

「あっ、イイですね〜〜、じゃ、ここらで例のアレ、行きましょうか!」

スコティッシュ・テリア ハッピー

「カッコよくなって嬉しい人、手をあげて〜!」

せっかく気取ってたのに、最後はやっぱり三枚目になっちゃいましたね。(画像、ブレブレ汗

素敵にトリミングしていただいたハッピーを見ていたら・・・

私の下手なトリミングのまま、そして手術の為に左側のスカートを全部切られたまま虹の橋へ行ってしまったプッチが不憫に思えてきました。

(あっ、ダメダメ、またそんな悲しい事を考えてはダメ)

病気だった子が元気を取り戻す虹の橋ではきっと体の毛ももと通りになるはず!

そう、ウィートンカラーの毛をなびかせて、草原を走り回っているんだよね、カッコイイよ、プッチも!

2016.9.8

FREAK 7 9歳のバースデーパーティー

レポが大変遅くなりましたが汗、5月15日、代々木公園近くのANEACAFEでFREAK 7のバースデーパーティーがありました。

ラテールちゃんとハッピー

代々木公園の駐車場の待ち列に並んでいるとラテール君とママを発見!

freak7_birthdayparty

今年の出席者は大ちゃんとパパとママ、ラテールちゃんとパパとママ、
ロロちゃんのママ、そしてハッピーと私。

あれ?ワンコが1、2、3、4・・・4頭いますよね。

ルルちゃん

そう、大ちゃん家にやってきたM.シュナウザーの女の子ルルちゃんが
スペシャルゲストとして参加してくれました。
もう可愛くて可愛くて「本日の主役」でした!

ラテールちゃん

相変わらずのイケメン、ラテールちゃん

大ちゃん

素敵な首輪が似合ってるね!大ちゃん(お顔、ハッピーとそっくり!)

ハッピー

いつもマイペースのハッピー(お顔、大ちゃんとそっくり! 笑)

 

アネアカフェのお料理


お料理は今回はコースではなく、単品をこの他にも注文してみんなでシェアしました。
2年ぶりのお誕生会でみんなおしゃべりに花が咲きまくりつつ、
美味しいお料理に舌鼓で大忙し(笑)

そうそう、こちらのお店には(ワンコのバースデーケーキ用にと)事前にワンコの顔写真を提出したんです。

どんなケーキなのかしら?と楽しみにしていましたが・・・

バッピーのバースデーケーキ

こんなケーキでした〜〜!

(どれにしよ〜)と迷って選んだ画像のお顔↓と似てま・・・すネ(笑)

ハッピー

 

バースデーケーキ

みんなのお顔ケーキを集めるとこんな感じで〜す。

このお顔ケーキには一同、大受けでした。

宴が終わってお店を出るともう真っ暗!あっと言う間に何時間も過ぎていてビックリです。

駐車場でお別れ間際にラテールちゃんを抱っこさせていただきました。

ラテールちゃん

ラテちゃん、大人しく抱かせてくれてありがとうね。

なんだかプッチを抱いているように思えて・・・とても嬉しかったです。

その後の運転で目にワイパーが必要な事態になってしまいましたが。 (笑)

 

楽しいお誕生会でした。
(お忙しい中、幹事を担当して下さった大ちゃんのパパとママに感謝です。)

いつお会いしても7つ子のパパやママ達は最高のお仲間だと感じます。

今年はライアンちゃん、グレースちゃん、ロロちゃん、セフィちゃんが来られませんでしたが、来年もし奇跡的に全員揃って10歳のバースデーをお祝いする事が出来たら、こんなに幸せな事はありません。

7つ子達も9歳になってそれぞれ体調に何かしらの不安を抱えています。

来年全員揃ってお祝いする夢が叶わなくても、みんなが無事に10歳を迎えられますように!と願わずにはいられませんでした。

「7つ子達、みんな頑張れ!」

2016.9.3

ハッピー、元気です!

9月ですね。

皆様は残暑で夏バテしていませんか?そして皆様のワン達は大丈夫ですか?

ところでハッピーの病気についてまだきちんとお話をしていなかったので今日はそのお話をさせていただきますね。

ちょうど半年前の3月1日、夜中に酷い咳が止まらなくなったハッピーを夜間診療専門の病院 DVMsどうぶつ医療センター横浜に連れて行ったところ、気管支炎と診断されました。

翌日にDVMsどうぶつ医療センター横浜でいただいた検査結果等のDVD資料を持って近隣の動物病院に行き、診察後お薬をいただいてきました。

その二日後、今度は朝のお散歩中に後肢に痙攣が起きました。

直ぐに病院に連れていくと、診察中に再度痙攣を起こしたハッピーは仰向けに倒れて立てなくなってしまったんです。

血液検査の結果、予断を許さない状況だったようで先生から日本動物高度医療センターを紹介され、『直ぐに向かって下さい!』と言われました。

それまで私は知らなかったのですが、日本動物高度医療センターはMRIやCTなどの高度医療機器による精密検査や、専門の獣医師による処置・手術を行う為の二次診療を行う動物病院です。

日本動物高度医療センター(以降JAMCと表記)までの道のりは車で30分程。

呼吸が速く、苦しそうにしているハッピーが心配で

「もう直ぐだから大丈夫だよ、頑張ってね、もう直ぐだからね」

とずっと声を掛けながら1分でも早く着きたくて焦っている自分に(事故を起こさないように気をつけて!)と言い聞かせながら運転しました。

JAMCに到着すると直ぐに担当の先生がハッピーを連れに来て下さいました。

検査の結果、ハッピーは甲状腺機能低下症(低カルシウム血症)で血液中のカルシウム値がかなり下がって危ない状態である事、カルシウム製剤を点滴投与するのに心電図をモニタリングする必要がありICU(温度、湿度、酸素が管理された集中治療ケージで、術後など呼吸、循環、代謝が機能低下している患者の容態を考慮した設備)に入る事などの説明を受けました。

集中治療室のハッピー

JAMC、集中治療ケージ内のハッピー

集中治療室のハッピー

カルシウム製剤を点滴投与をするとカルシウム値は上がるのですが、時間の経過とともに値が下がってしまい、投与を終えた後も値が安定するまではICUから出られませんでした。

面会時間は12時から4時まで。

ハッピー

面会に行くと普段はクール?なスコティッシュ・テリア ハッピーがとても喜んでくれました。
こんな風にICUケージから出してもらうと「ボク、もう帰れるの?」と勘違いするハッピー。

看護師さんがこの前に椅子を置いて下さるのですが、毎日4時間ずっと椅子に腰掛けてハッピーを見守り、4時になると後ろ髪を引かれる想いで病室を後にしました。

5日後にようやく数値が安定しICU治療室から一般入院室に移れた時は張り詰めていた気持ちがほぐれて

「ハッピー、良かったね!良かったね!」と喜び合いました。

ハッピーはその翌日めでたく退院する事が出来ました。

退院後は投薬(カルシウムの吸収を助けるビタミンD)で様子を見ることになり、その後毎週一回通院し血液検査をしてカルシウム値を調べていただきました。

通院中のハッピー

JAMCに通院しロビーで順番を待つハッピー

通院後1ヶ月でやっと数値が安定してきた為、その後はJAMCを紹介してくださった動物病院に通院することになりました。

ハッピーの命を救っていただいたこの日本動物高度医療センターは、入院そしてその後の通院を通して大変素晴らしい病院だと感じました。
医療設備も充実していますし先生方や看護師さんもとても親身になって治療をしてくれます。

皆さんのワンちゃんが重い病気にかかってしまった時やセカンドオピニオンがほしいと思われた時、(掛かりつけの動物病院からの紹介が必要ですが)通える距離にお住いの方には是非お薦めしたいです。

現在は近所の動物病院で月一回血液検査をしビタミンDの投薬量を決めていただき(カルシウム値が高くなりすぎると高カルシウム血症となる為)、そのお薬を毎日服用しています。

発病してから半年経ちましたが、おかげさまで現在はとても元気です!

スコティッシュ・テリア ハッピー

お散歩途中にあるベンチ「お休み処」で休憩です。

プッチを亡くし涙が乾く間もなくハッピーまで失ってしまうのかと、不安で辛い1ヶ月でしたが嬉しい事もありました。

ハッピーがJAMCに入院中、FREAK のパパやママがお見舞いに来てくれたんです。

ICUに入って居た時には何時間も一緒に居て心配し励ましてくれて

本当に心強く嬉しかったです!

そしてICUから一般入院室に移れた日には、ハッピーを抱きしめながら

自分の事のように喜んでくれました。

お忙しいところを遠くから、そして折角のお休みに大事なお時間を割いていらして下さった優しいお気持ちに感謝です!

素敵なお仲間が居て私もハッピーも幸せです。

このブログもこれからもっと明るく行きますね!

大分遅れてしまいましたが次回はFREAK 7の9歳のバースデーパーティーのレポをお届けします。

↑う〜ん、どれにしよ〜〜と迷って・・・この横顔に決めました。って何のこと?

8月の記事を見る 10月の記事を見る
足跡イラスト HOMEへ戻る

HOMEへ戻る